本文へスキップ

北斗通信は、無線通信技術を通じて地域社会と共に歩む会社です。

TEL. 011-875-2320

〒003-0832 札幌市白石区北郷2条2丁目1-20

バイオトイレ車両搭載タイプORIMAR|オリマーシリーズ


■新型仕様

                     新型仕様
      筐体単体の製作も承ります                内装例
 
標示板・パトランプ点灯パターンの例


■標準仕様

                    標準仕様





         標準仕様                     北斗仕様
 
          内部例
 




自然界にある高い分解力の菌により水や石油燃料を使用せずに糞尿を1日で処理します。
◆地球温暖化防止に貢献します。


アンモニア臭や嫌な臭気が発生しないので快適空間でさわやかな休憩を取って頂けます。


当日の糞尿は翌日までに約90%分解処理し水蒸気と窒素と炭酸ガスに気化します。
従って使用後の汲み取り処理が要りません。

◆汚水を出しません。


弱酸性に強い好高温菌を使用しております。糞尿が分解するときに発生する酸化熱に強く、便層内が酸性化
(pH5〜6)したときにでも、その分解力は維持できるのです。

◆他の常温菌使用バイオトイレの場合は年に3〜4回の菌床交換が必要です。


菌床交換の費用が年間12,000円で済みます。 (8L×4袋×3,000円=12,000円)
◆他社の同等品の場合は、2〜3倍の費用が必要となります。

製品仕様
車両機種名 スズキキャリィ(KC4WDMT) 5速マニュアル
寸法・重量 全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,790mm
荷台寸法 長さ 1,940mm
1,405mm
高さ 295mm
荷台床面地上高 640mm
車両重量 750kg
最大積載量 350kg
乗車定員 2名
エンジン 総排気量 0.658L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
筐体外部仕上 アルミ焼付け塗装パネル張
屋根 アルミ焼付け塗装パネル張一部、ポップアップ天井
筐体内部仕上 化粧庫/床 コンパネ12下地、アルミ縞鋼板張、木製スノコ敷
FRP板張一部、消臭パネル張
天井 FRP板張一部、ポップアップ天井
格納庫/床 コンパネ12下地、アルミ縞鋼板張
FRP板張
天井 FRP板張
形式 BT-S型
処理能力 一日最大20回
バイオトイレ 使用源 2系統方式(交流発電機・一般AC電源)
   


警備員・交通規制員・野外作業員・駐車場整備員のみなさまに最適です。
◆警備車、交通規制車として活用も出来ます。


  • 軽車輌に搭載しているので低燃費で運転が楽です。
  • 後部に格納庫(1200×650)があり、備品など入ります。
  • トイレカーらしくない車両で化粧室としても利用できます
  • 格納庫には発電機(ホンダ製900W)常備品で搭載しています。
  • 最後部に工事標識板を取り付ける仕様に成っております。

※バイオトイレ車両搭載タイプのカタログは、こちら → オリマーカタログ
※車両以外のバイオトイレもあります。
 工事現場用バイオトイレの例 → 上川紋別橋脚工事現場バイオトイレ太陽
 観光地用バイオトイレの例 → 礼文島バイオトイレ

バナースペース

株式会社 北斗通信

〒003-0832
札幌市白石区北郷2条2丁目1-20

TEL 011-875-2320(代表)
FAX 011-875-2556
E-mail:info@hokuto-tsushin.co.jp